TOP >

代表者ブログ

代表者ブログ


【2010年6月アーカイブ】

前半戦終了

2010年6月30日 18:43
本日6月30日は、平成22年(今年1年)の折り返しの日。

前半戦の終了です。

ハーフタイムは無しで、明日からすぐ後半戦突入。

サッカーにはない厳しさです。

途中経過としては前半戦を終了し、押されながらも0—0といったところでしょうか?

すでにバテバテの感もありますが、後半戦は大きいプレーはせずに小さくプレーし、点につなげたいと考えています。

果たして戦っている相手は誰?どこ?なんて読んでいる方は思われているかも知れませんが、相手は間違いなく自分自身です。

サッカー日本代表の「サムライ田中」からもパワーをもらったことですし、次は私が見せ場を作りたいですね。

例え延長戦になっても、勝つまであきらめない、不屈の精神で。




いい試合でした

2010年6月30日 01:55
サッカーニッポン代表、お疲れ様でした。

8強はなりませんでしたが、感動する良い試合でした。

「サムライ田中」アッパレです。


ヤフーニュースにも

2010年6月29日 15:41

ヤフーニュースにも記事掲載されていました。

もちろんトップ記事ではありませんが。

人間ドッグ

2010年6月28日 15:49
にんげんのような犬のことではありません、人間ドッグ・・・

本日の午後、健康診断に行ってきました。

そのせいか頭痛がします。

結果が楽しみです。

一杯550円のラーメン 

2010年6月26日 17:25

値段も味も間違いなく昭和です。

本日の昼食で頂きました。

次回はラーメンの写真を撮ってきますが、絶対おススメです。

場所は大田区山王の裏路地にある、隠れた名店です。

ウマニとかヤキソバも食してみたいですね。

品川経済新聞に記事が掲載!

2010年6月26日 15:58

昨晩の25日。

品川経済新聞に弊社の記事が紹介されました。

まだトップ記事になっています(6月26日16時現在)。

ご興味のある方は、上記をクリックしてご覧頂けると幸いです。

ちなみに2回目の記事掲載です。

東京商工会議所主催 「勇気ある経営大賞」

2010年6月25日 18:50
2次審査が通過したことは先日お伝えしましたが、3次審査の実地調査の日程が8月2日に決まりました。

多少時間が空きますが、万難を排し決戦に臨みます。

ドライバーは運転のみ

2010年6月24日 17:29

購読していないのに、本日いきなり業界紙「物流ウィークリー」が届きました。

読んでみると総合面に弊社の記事が掲載されていました。

龍馬伝記念キャンペーンもしっかり記事に。

本日はもう1社取材を受けましたので、記事化されましたら紹介します。

このままマスコミラッシュが続くとうれしいです。。


続・本日和・5

2010年6月24日 10:26

? 日本実業出版社様の「ニュートップ」の特集記事にレントラ便が取り上げられているため届いたいたのです。

全106ページのボリュームの中、6ページにわたり、
「レンタルビジネス 最前線」なる特集が組まれています。

うち、3ページに渡りレントラ便が取り上げられていました。

しかも写真も2枚掲載されて。

ちなみに広告ではありません。純粋な記事(無料)です。

とてもうれしい出来事で何回も読み込んでしまいました。






以上、昨日は本に六つの縁があった1日となりました。

今日も手前味噌になりましたが、純粋な時系列順です。

〆が良かったと思います。

お読み頂きありがとうございました。


続・本日和・4

2010年6月24日 10:23

? 届いていたもう1冊の本は日本実業出版社の「ニュートップ」7月号。

  購読しているわけではありませんが、2冊も届きました。

  その訳は・・・



引越し料金・引越し費用
レントラ便へのフリーダイヤルは
トップページ
料金システム
車種とサイズ
サービス内容
オプション
お申し込み
ご予約
よくある質問
主なご依頼実績
メディア掲載
ご意見・お問合せ

レンタカートラック【サイト責任者 山口裕詮

熱き代表者のブログ
携帯で見る
クレジットカード
損害補償保険付き
BCPについて
先の東日本大震災では代表自ら震災翌日から緊急支援物資を30回以上輸送。その経験を生かし、緊急時における事業継続計画(BCP)を東京都産業労働局様の協力のもと、平成23年に策定し発電機、衛星電話を導入。
国内初の時間制料金
平成18年に経済産業省の経営革新支援法の承認、また、国土交通省政策研究所より、イノベーションモデル調査企業に選ばれた国内初の時間制の運転手付きレンタルトラックです。
類似商法にご注意下さい
最近「レントラ便」に類似したサービスが増えておりますが、おもてなしの心を大切にする弊社とは一切関係ありませんのでご注意下さい。
レントラ便へのフリーダイヤルは