TOP >

代表者ブログ

代表者ブログ


【2011年4月アーカイブ】

大船渡・気仙沼・郡山・日光へ

2011年4月28日 22:05



30日の未明に出発するトラックは、合計4か所の立ち寄りとなりました。

大船渡へは、子供用野球道具を。

気仙沼には、日用品とビジネスシューズ200足弱。

郡山には、ビジネスシューズ100足弱。
ここでは福島原発周辺から避難している方へ。

日光には、40インチ3D液晶テレビ。
同じく福島原発から避難している方々へ


距離もそうですが、ゴールデンウィークということで激しい渋滞が予想されます。
スケジュールも組めそうもないので、ある程度覚悟して出発します。

私にとっては2週間ぶり、震災後50日経った東北は果たして、、、
回を重ねるごとに気が重くなりますが(現地の光景を見て)、現地の方のため10便目を頑張って行ってきます。



避難所へ大事な物を運ぶのを忘れてしまいました

2011年4月27日 20:29

4月6日に被災地へお届けした物資と一緒に、持っていくはずだった子供たちのメッセージ。

私の机の上にあったのを今日、発見しました。

「しまった」と思うのと同時に、純真無垢のメッセージを読んでいて思わず涙が出てきてしまいました。

物心ともに運べればどんなによかったか。

後悔しても始まりません。

今週、同じ避難所に手渡しで届けてきます。




明後日出発の便に物資のご提供頂いた皆様の分は、このようなことが無いよう、物心ともに確実にお届けして参ります。

中原区 小野様

鶴見区 伊藤様

目黒区 中島様

越谷市 教学館 木下様

春日部市 美容室 MujART RooM 猪島様

多摩区 株式会社タマック様

台東区 富田興業株式会社様


誠にありがとうございます。
今回は小さい、2トントラックで行ってきます。











2011年4月26日 20:31
昨日から歯茎に膿がたまり、顔が腫れあがってしまいました。

痛さに我慢できず、本日は歯医者に行き、膿を出してきました。

疲れが原因のようです。

こんな状況ですので、明日の出張は急遽キャンセル致しました。

関係各位様には、ご迷惑をお掛けしましたこと、お詫び申し上げます。



今週末の応援物資輸送は、予定通り出発します。

大船渡の子供たちへ

2011年4月25日 18:34

今週30日、応援物資としてこどもたちへ野球セットを運びます。

場所は過去2回訪れた大船渡の赤崎地区。

野球大会が始まるのですが、野球道具が津波に流され開催出来ないそうです。

そこで、新品の野球セットをたくさん購入し、野球大会に間に合わせようと言うものです。

少しでも喜んでもらえるでしょうか。


写真は、2階まで浸水し、廃校になった赤崎中学校。


気仙沼にも立ち寄り、物資を届けることにしていますが、
他の地域にもご希望があればお届けします。
トラックにはスペースがまだまだありますので、お気軽にお声かけ下さい。
もちろん無料です。


生鮮食品(果物、野菜、肉、魚)、新品衣類、文具、自転車(大人用、子供用で中古でも程度良ければ可)、ノートパソコン、
日用品等いまだ喜ばれるものはたくさんあります。


応援物資運びます

2011年4月25日 01:13
今週末、レントラ便は岩手県に向け応援物資を輸送します。

無料にてお届けしますので、お気軽に便乗して下さい。

お問い合わせをお待ちしています。

宮古、大槌、山田、釜石、気仙沼の写真をアップしました

2011年4月21日 23:42

応援(支援)の輪

2011年4月20日 19:04

続々と東北応援の輪が広がっています。

電話やメールでお問合せを毎日頂きますが、私の知らなかった情報も頂き、
応援の方法も種々あることに勉強させられます。

私は長期に渡り、応援活動を展開していく予定ですが輪が広がることにより、
同志が増え、同時に応援の力も増している感じがします。

私は、出来るだけ現地の方の目線に立って応援活動を継続します。

写真は、避難所に隣接した物資拠点。
この拠点も、1日でこの半分の物資が出入りします。

15万人以上いる避難所に避難している方に、何が必要か、
普通に日常を過ごせる私たちは、考え行動しなければいけません。


現地はいまだ困っています。


気仙沼高校の避難所

2011年4月18日 19:06

写真は、物資を保管、仕分けする気仙沼高校の体育館に横付けした、弊社のトラック。



先週、気仙沼高校の避難所の物資について、効率よく仕分け、運用していることを書きましたが、
仕切っている方は、気仙沼商工会議所の坂井さんという方です。
同じ商工会議所の仲間数人と、こちらの高校生(ボランティア)と一緒に仕分けされているそうです。
ちなみに先週紹介した靴の仕分けは、野球部の担当ということでした。

坂井さんは、大船渡方面とも連絡を取り合い、お互いに足りないものを補給し合っているとのこと。
その輸送に使う2tトラックは、青森商工会議所青年部から寄贈されたものだそうです。


すごいのは、自宅避難者にも連絡を取り、集落ごとに物資をお届けしているのには驚きました。
坂井さん自身も、店舗やご自宅が津波にも流されたにも関わらず。

こちらの避難所も長期的支援が必要な箇所ですので、連絡を取り合いながら応援したいと思います。




次回は27日水曜日、大槌町、気仙沼方面に物資を運びます。
弊社(東京都品川区南大井5-12-3)までお送り頂ければ、私が手渡しでお届け致します。
どうぞお気軽にお送りください。
応援物資に不明点がございましたら、弊社までお問い合わせください。
代表電話 03−5762−0072 担当 山口(代表です)






気仙沼高校の避難所

2011年4月15日 19:38

写真は、昨日の気仙沼高校の避難所に隣接した物資倉庫。
ご覧のように、靴はサイズごとに仕分けされています。

他の物資もすべて段ボールを開封し、細かく仕分けされ、物資の出入りも効率良く、山積みや放置と言ったことは全くありません。
このような受け入れ拠点は、はじめてです。


他(行政運営)の避難所や物流拠点は、山積み放置は当たり前なのにどうしてかと思い聞いたところ、
気仙沼商工会議所の青年部の方々が、ボランティアで効率良く運用しているとのことでした。

その辺の事情は、あらためてブログにアップします。


ただ「すばらしい」の一言。
民間主導ならではです。

冷たい朝日

2011年4月14日 22:43

写真は今朝の気仙沼市です。

震災直後から日を開け4回ほどこの辺に、応援物資を運搬していますが、
市内は写真の通り、いまだ復興の兆しを感じられません。
1か月以上も経つというのに。

たしかに国道45号線周辺に関しては、ガレキの撤去は多少進んでいます。
でもそれは全体のごくごく一部でしかありません。



今日の避難所も含む気仙沼の現状を見て、残念ながら政府の真剣さは全く足りません。

それでも「残念」という言葉で済ます訳には行きません。



私は私の出来ることを全力で取り組むほかありませんが、

どうしたらいいのでしょうか?

この現実を全国の皆様にも是非、もっと深く共有して頂き、もっともっとニッポンが一つにならなけれいけないとも思います。

形式的な日本は残りますが、亡国が近いかも知れません。



私はあきらめません。

9度目の物資運搬の今日、朝日がとても冷たく見えた気仙沼です。














引越し料金・引越し費用
レントラ便へのフリーダイヤルは
トップページ
料金システム
車種とサイズ
サービス内容
オプション
お申し込み
ご予約
よくある質問
主なご依頼実績
メディア掲載
ご意見・お問合せ

レンタカートラック【サイト責任者 山口裕詮

熱き代表者のブログ
携帯で見る
クレジットカード
損害補償保険付き
BCPについて
先の東日本大震災では代表自ら震災翌日から緊急支援物資を30回以上輸送。その経験を生かし、緊急時における事業継続計画(BCP)を東京都産業労働局様の協力のもと、平成23年に策定し発電機、衛星電話を導入。
国内初の時間制料金
平成18年に経済産業省の経営革新支援法の承認、また、国土交通省政策研究所より、イノベーションモデル調査企業に選ばれた国内初の時間制の運転手付きレンタルトラックです。
類似商法にご注意下さい
最近「レントラ便」に類似したサービスが増えておりますが、おもてなしの心を大切にする弊社とは一切関係ありませんのでご注意下さい。
レントラ便へのフリーダイヤルは