TOP >

代表者ブログ

代表者ブログ


【2011年6月アーカイブ】

東北への18便目は今晩出発です

2011年6月30日 19:38



あすは4tトラックで気仙沼高校避難所に向かいます。

代々木小学校PTAの皆様が集めて頂いた応援物資と、

弊社で集めた物資をお届けしてきます。



その後、石巻市の保育所にもお届けします。

暑さか、多忙さかわかりませんが体調が芳しくないので、

今回はのんびり往復してくるつもりです。



どこまで現地が回復しているか、期待をしつつも

恐る恐る現地入りをしてきます。




詳細は帰京後、報告致します。

社内は34度

2011年6月29日 17:14


梅雨明けも近いのでしょうか?

本日の弊社内の気温は34度を記録しました。

例年ですと、もちろんエアコンを入れるのですが、

今年は出来るだけ我慢をしよう(覚えよう)と思います。

扇風機の活躍に期待です。




あす深夜は被災地に向かうことが決まりました。

行先は気仙沼高校避難所と石巻市の幼稚園等。

今回も複数個所のお届けになりますが、トンボ帰りで行って参ります。

私のブログやフェースブックによる呼び掛けに応えて頂き、たくさんの物資のご提供がありました。

この場をお借りして、深く御礼申し上げます。



冷蔵庫や家具、こども用の遊具4tトラック満載ですが、

物資だけではなく、わずかでも『希望』をお届けできたらと思います。



本日から試合に臨むボクサーのように、体調(睡眠)管理に入りますが、
 
皆様におかれましては、やはり暑さによる体調管理と、引き続き被災地応援の継続を

伏してお願い申し上げます。


6月18日の福島県広野町の写真

2011年6月28日 16:52

先週の金曜日、仲間の三浦(大田区在住)さんのマンションの集会所で被災地に関するお話をさせて頂きました。
主婦の方ばかり約20名ほどでしょうか、お忙しい中お集まりいただき、
被災地の現状と今後の応援についてお話させて頂きましたが、皆様真剣に聞いて頂き、有意義な説明会になったと思います。
多少の物資のご提供、もしくはそれぞれが被災地に対してさらに応援して頂けることと願ってやみません。




6月18日 福島県広野町から千葉県までボランティアお引越しを行いましたが、
その際、写真を何枚か撮ることが出来ましたのでアップ致しました
お時間のある方はご覧頂けると幸いです。
写真は広野町駅前通りですが、人は見かけませんでした。





またまた話は変わりますが、

今週末に気仙沼、石巻市へ応援物資をお届けしてきます。

おかげさまを持ちまして、4tトラック満載(33㎥)に物資が集まっています。

多少積み残しが発生する可能性もありますが、引き続き物資を集めて、19回、20回と続けていきたいと思います。

かれこれ18度目のボランティア輸送になりますが、気を抜かず安全運転を心がけて参ります。

物資のおご提供も引き続きよろしくお願い致します。


福島第一原発30km以内からのお引越し、輸送は無料です

2011年6月25日 16:08



弊社では、

福島第一原発30km以内から、他地区へお引越し、荷物輸送される方は、無料(法人は有料)にて対応しております。

本日までに、数回実施いたしましたが、非常に喜んで頂けるため今後も継続して参ります。



今月はすでに受付できませんが、7月はまだまだ予約が可能です。

弊社の営業エリア外ですので、弊社のスタッフの対応ではなく、私自身がトラックを運転し、作業もお手伝いいたします。

わたし一人の対応ですので、受付にも限界があります。

お早目にご連絡いただければ、可能な限り対応致します。


トラックは、軽トラック、1tトラック、2tトラック、4tトラックとご用意しております。

どうぞお気軽にお声掛け下さい。




「福島県の方を救いたい」それだけの想いですが、

インフラ復旧のための事業者や、トラック事業者が近づかないこのエリアは、

津波の跡もそのままで、インフラ復旧も全く手付かずのままです。

せめて私だけは、出来る限りのことを取り組んでいきたいと思います。

被災地支援物資が続々と

2011年6月23日 00:10



写真は弊社の入口に積まれた応援物資の山。
日々善意の物資が集まって、また、集めています。

今週24日には、大田区で15名前後の方に被災地の現状のお話をしてきます。
これはもちろん、応援物資のご提供を募るためです。


しかし、物資が続々と集まり、1日でも早くお届けしたいのですが、
わたしのスケジュールと、弊社のトラックの空きのタイミングが合いません。

どちらにしても24日のお話会のあとの出発ですが、
少しでも多く、少しでも早く、少しでも喜ばれる物資を運ぼうと思います。

次回は気仙沼と石巻ですが、まだまだ積めます。
そして今日現在も、こちらへの扇風機が1台もありません(足りません)。




参考までに、石巻市の方のブログを紹介します。
日々、困っている方にブログを通じて現地の窮状を綴っています。
次回はこちらにもお届けすることにしています。



物資ご提供に関しては、どうぞお気軽にお声掛け下さい。

株式会社ハーツ  山口
メール  h-yamaguchi@hearts-exp.com
代表電話 03-5762-0072

よろしくお願い致します。

エコドライブ活動コンクール

2011年6月22日 19:24



交通エコロジーモビリティ財団が主催する、

23年度「エコドライブ活動コンクール」に参加しました。



別件ですが、



東京商工会議所主催、

第9回「勇気ある経営大賞」

3次審査は7月8日に決まりました。




何はともあれ、

あらゆることに

「志高く」

日々精進します。

福島原発周辺の方のお手紙 「立派な政治家より素晴らしい?」

2011年6月22日 00:32



先週18日(土)

福島県広野町から千葉県へ、ボランティアでお引越しのお手伝いをしてきました。

そして、お手紙を頂戴しました。

切実な内容です。



立派な政治家がいるかわかりませんが、

また、政治家が立派なのかわかりませんが、

「立派な政治家よりすばらしい会社・・・」

とあります。

とてもありがたいお言葉です。



私は今後も応援活動は継続して参ります。







6/21現在 東北、被災地で必要なもの

2011年6月21日 15:49



先ほど電話で気仙沼と、大船渡の方とお話しをしましたが、



扇風機が無いということで、とても困っておられました。
室温を下げ、腐らせない食料保管の手段としても有効のようです。



仮設住宅に入居された方からは、いまだにというか、これからも継続して食料が
足りないとのことです。


被災地では今日も闘っています。
皆様、ご一緒に頑張りましょう!

15便目、6/5までの被災地写真をアップしました

2011年6月21日 12:32



被災地へのボランティア輸送

13便目 5/25

14便目 5/26

15便目 6/5


被災地の写真をまとめてアップしました。
ぜひ、ご覧ください。



写真は6/5の石巻市にて。
よーく見るとハエがたくさん止まっているのが見えます。

6/18(土)福島県広野町は、毎時0.4マイクロシーベルトでした

2011年6月20日 21:46



先週土曜日18日
福島県広野町まで行ってきました。

要件は、関東までのボランティアお引越しのお手伝い。
2tトラック、私一人で伺いましたが今日も筋肉痛です。

さて、ここは福島第一原発から直線で約20kmということで、
多少緊張していたのですが、思ったより警戒されていませんでした。
しかし、10時の時報と共に役場の防災無線にて、
現在の放射能測定値を発表していたのが、すべてを物語っています。
ちなみにその時の濃度は、毎時0.4マイクロシーベルトでした。


この辺の事情は、下水道が地震で破損してから、今に至るまで修復されておらず、
広野町駅前の金物屋さん以外は、すべて避難所生活を強いられているとのことでした。

場所柄、沿岸部の道路や下水道の修復には業者さんが入って来ず、
いまだ復旧、復興には時間がかかるとのこと。
引越し屋さんも近寄らないエリアなのかなあとも思います。

広野町役場も仕事等でやむを得ない場合以外は自主避難を呼びかけています。
まだまだ先が見えないところに、震災(原発)問題の大きさを感じます。


写真は、常磐道の現在の終点「広野町」インターですが、
南相馬市(右)方面にはバリケードが設置され、進入できません。

この地の写真は数枚撮りましたので後日、レントラ便サイトにアップ致します。




引越し料金・引越し費用
レントラ便へのフリーダイヤルは
トップページ
料金システム
車種とサイズ
サービス内容
オプション
お申し込み
ご予約
よくある質問
主なご依頼実績
メディア掲載
ご意見・お問合せ

レンタカートラック【サイト責任者 山口裕詮

熱き代表者のブログ
携帯で見る
クレジットカード
損害補償保険付き
BCPについて
先の東日本大震災では代表自ら震災翌日から緊急支援物資を30回以上輸送。その経験を生かし、緊急時における事業継続計画(BCP)を東京都産業労働局様の協力のもと、平成23年に策定し発電機、衛星電話を導入。
国内初の時間制料金
平成18年に経済産業省の経営革新支援法の承認、また、国土交通省政策研究所より、イノベーションモデル調査企業に選ばれた国内初の時間制の運転手付きレンタルトラックです。
類似商法にご注意下さい
最近「レントラ便」に類似したサービスが増えておりますが、おもてなしの心を大切にする弊社とは一切関係ありませんのでご注意下さい。
レントラ便へのフリーダイヤルは