TOP >

代表者ブログ

代表者ブログ


【2011年7月アーカイブ】

レントラ便を使い被災地支援

2011年7月31日 14:20

  

被災地支援には多くの方が、様々な方法で支援を実施しています。



この学生団体チンパリズムは、去る6月に弊社のレントラ便をご利用頂き、

チャリティーフリーマーケットを開催し、被災地向けの寄付金を集めました。



このような形でレントラ便をご利用頂くことは、私としても本当にうれしいことです。

ニッポンの未来を担う学生が、主体的に被災地のために行動する。

ニッポンの夜明けは必ず来ると信じたいと思います。

ご利用頂き、誠にありがとうございました。



以下、団体代表の井出様のコメントです。


---感想---

わずかなものですが、寄付金は33173円集まりました。宮城県、福島県、岩手県のそれぞれの自治体に寄付する予定となっております。
急に決まった企画で準備が大変でした。寄付金が集まるかどうかも不安でしたが、大学の友人、大学のボランティアセンター、「レントラ便」でお世話になりました株式会社ハーツ様、多くの方々のご協力をいただけたので、無事に寄付金を集めることができました。ありがとうございました。

19度目の被災地

2011年7月30日 08:00



震災から通算19度目の被災地入り。

次回は8月5日(金)に決まりました。

行先は気仙沼高校内にある避難所。

8月のお盆を境に多くの避難所は統廃合されますので、

避難所への輸送は今後、仮設住宅に変わるかも知れません。



震災後まもなく5か月になりますが、応援体制は今後も継続していきます。

トラックにはまだ積めます(もちろん無料)ので、お気軽にお問合せ下さい。

量が多い場合には引き取りにも伺います。




写真は3月23日の気仙沼市。

とにかく見て頂きたく!!

2011年7月29日 02:20


いろんな方が、一生懸命に被災地支援をしています。

最近知り合った、映像プロデューサーの小林さんもその一人。

その小林さんが制作した力作。

被災地支援の映像ですが是非、ご覧いただきたく、お願い致します。



尚、写真をクリックしてもご覧になれません。
上記文章をクリックして、さらに再生ボタンを押すとご覧になれます。

熱くなる映像です。
最後までしっかりご覧下さい。

これがNTTドコモの衛星電話です

2011年7月28日 23:01



本日


NTTドコモの鈴木さんにお越し頂き、衛星電話の実機を見させて頂きました(写真)。
左が通話機で、右の四角の箱がアンテナ部分になります。
本日は特別に試験通話もさせて頂きました。



私は震災翌日から被災地に入り、通信の寸断を被災地で体験しましたので、
通信の重要さを、より痛感していました。
この経験が、弊社で今取り組んでいる緊急時における事業継続計画(BCP)策定でも生き、
通信手段の確保の最優先するため、今回の発注に至った次第です。


私のスケジュールや予算の関係で、ようやく本日に実機を手にし、発注に至った次第です。。
まずは1台の発注ですが、今後はよく検討し増やすことも検討しています。


この電話機は優れもので、通信機能(オプションで)もあり、FAXやメールの送受信も可能です。
来ないで欲しい、首都直下型の地震に備え、またその他の緊急時に備え、
出来得る範囲ですが、これからも万全を目指し、その他の備えも含め充実させていくつもりです。



今後の方針として弊社では、震災の体験を生かすべく、対応可能なエリアにおいて、
非常時には、弊社の主たる業務のレントラ便を全面ストップしてでも、
弊社のトラックをフルに生かし、ライフラインの確保のための輸送を最優先に、全力を注ぎます。

納期は8月末になりそうですが、到着を楽しみにしつつも、
使うことがないことを祈りつつ、次の準備に取り掛かります。









支援物資

2011年7月27日 19:02


被災地への支援物資ですが、

夏物の衣料(新品のみ)も喜ばれます。

仮設住宅でも使用できる、簡易収納的な整理棚等(中古可)。

虫よけや虫刺されの際に使う薬品。

暑さ対策用具、用品等。

各種家電製品(中古可)

食料全般。



本日もたくさん物資提供頂き、誠にありがとうございます。

まだまだ積載可能ですので、お気軽にご相談下さい。

関東周辺は無料で回収致します。



株式会社ハーツ

担当:山口 

電話:03-5762-0072

メール:h-yamaguchi@hearts-exp.com



被災地はまだまだ非常時が継続しています。

ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。





被災地の食料不足

2011年7月26日 18:02
被災地の仮設住宅では、いまも食料不足が続いています。

避難所ではかろうじて3食が出るそうですが、隣接している仮設住宅の方は見ているだけだそうです。

来週の被災地入りには、多少の食料は持って行きますが、ごく一部の方にしか行き渡りません。

昨年取れたお米の価格も上昇中ということですが、何か方策は無いものでしょうか?

行政の対応がしっくりきません。




お米、野菜、肉、レトルト・・・

微力ですが少しでも持って行く努力を継続します。











停電対策は完了です

2011年7月23日 13:44





先ほど、発電機が届きました。

来たるべき停電に備え、昨日発注したのですが本日の到着です。



この発電機があると、停電になっても電話やパソコンは使えます。

今後は衛星電話や、防護服、非常食を順次用意して、

あらゆる災害でも営業が止まることが無いように、

緊急時にはライフラインを止めることが無いよう、社会に貢献して参ります。





尚、写真の顔が引きつっていますが、発電機が重いのでご容赦下さい。
決して自慢顔になっている訳ではありません。

私を食べてください

2011年7月22日 20:18



タイトルの「私」とは私(山口)のことではありません。

7月10日付けの東京都トラック時報、「視点 焦点 合点」のコラムのタイトルです。

前回の「人間は皆ひとりだよ」に続いてのエッセーです。





読んでみて、


○原発シニア決死隊
「犠牲ではない」


○月にいるウサギの話
「上から目線の慈善ではない」



日本人として、心に染み入ります。

震災で感じたこと

2011年7月21日 23:13



3・11の震災は、被災された方々をはじめ、いまだにニッポン中を震撼させていますが、

私も被災地に行って、自然の偉大さと非情さを日々痛感しています。



私は、経営者として被災地を直接見て、感じてしまったため、

自社があるこの品川(会社)を現地と重ね合わせて考えてしまいます。

津波、停電、通信手段、上下水道、放射能


考えるだけでは解決するものではないので、行動に移すしかありません。

具体的にはBCPの策定に励み、防災グッズを注文しています。



BCPに関しては、8月下旬に完成。

防災グッズに関しては計画を立て、用意することにしました。


とは言っても、インフラを担う事業を行っている弊社は、

最低限のものを早急に用意しなければいけません。


まずは、衛星電話。

そして、発電機。

どちらも品薄で、1日でも早く手元に届く手段を模索中です。



「備えあれば憂いなし」とは言いますが、今回の震災はそれを簡単に越え、

人間の非力さを痛感しますが、出来る限りの最大限のことはしておきたいと思います。



はじめの一歩は、「心構え」からでしょうか。

仮設住宅へ

2011年7月20日 17:35


先ほど、気仙沼高校避難所の坂井さんと電話でお話したのですが、

仮設住宅には順調?に入居が進んでいるようです。


昨日のニュースでも見ましたが、

仮設住宅に入居されている方は、食料の提供が受けられず、

ほとほと困っていらっしゃるようです。



坂井さんも同様のことをおっしゃっていました。

いまだ、食料の支援は必要だということですが、

行政に対して、何かおかしいと思うのは、私だけでしょうか?

しっくりこない不信感が募ります。




引越し料金・引越し費用
レントラ便へのフリーダイヤルは
トップページ
料金システム
車種とサイズ
サービス内容
オプション
お申し込み
ご予約
よくある質問
主なご依頼実績
メディア掲載
ご意見・お問合せ

レンタカートラック【サイト責任者 山口裕詮

熱き代表者のブログ
携帯で見る
クレジットカード
損害補償保険付き
BCPについて
先の東日本大震災では代表自ら震災翌日から緊急支援物資を30回以上輸送。その経験を生かし、緊急時における事業継続計画(BCP)を東京都産業労働局様の協力のもと、平成23年に策定し発電機、衛星電話を導入。
国内初の時間制料金
平成18年に経済産業省の経営革新支援法の承認、また、国土交通省政策研究所より、イノベーションモデル調査企業に選ばれた国内初の時間制の運転手付きレンタルトラックです。
類似商法にご注意下さい
最近「レントラ便」に類似したサービスが増えておりますが、おもてなしの心を大切にする弊社とは一切関係ありませんのでご注意下さい。
レントラ便へのフリーダイヤルは