TOP >

代表者ブログ

代表者ブログ


【2011年10月アーカイブ】

被災地障がい者支援センターふくしま

2011年10月31日 20:20

10月21日の、郡山の『被災地障がい者支援センターふくしま』様への支援物資輸送を、サイト内にて紹介して頂きました (トラックの荷台にいるのは私です)。
センターの立ち上げだったことが、今日このサイトを見て初めて知りました。







『もっと支援の輪を広げたい』と、率直に思いましたが、当然私だけでは力不足です。

そんな力不足の私ですが、私自身が支援を継続することは可能です。

ちりも積もればなんとやらとは言いますが、

地道に支援活動(輸送)し、ブログやフェースブックで発信し続ける。

ささやかですが、それが私に出来る唯一の支援と考えています。



『たまたまトラックを所有している企業』ということは置いといて、

トラックが無かったらどんな支援をしているのか、自問自答してしまう自分がいます。



紹介して頂いた、有限会社ワークショップの川口様、ご縁をありがとうございました。
 




東京では買えないお酒 『復興祈願酒』

2011年10月28日 19:59



先日の気仙沼に行った際、すがとよ酒店に立ち寄り、
写真の復興祈願酒(日本酒)を買ってきました。

みなさまにもお分けできるように、多めに20本買ってきましたので、
復興祈願酒を飲んで、復興支援されたい方がいらっしゃいましたら、
弊社までお気軽にお声掛け下さい。
購入価格でお分けさせて頂きます。

1本2,300円でお酒を飲みながら、ご自宅で復興支援が可能です。
なお、気仙沼しか購入できない、東京では手に入らない貴重なお酒です。

info@hearts-exp.com
被災地支援担当までお気軽にどうぞ。

復興の狼煙(のろし)

2011年10月27日 22:58






震災で津波被害が甚大な釜石市。

その市役所のホームページを見ていたら、『復興の狼煙』が上がったようです。

時間はかかるのはしょうがないですが、日々確実な復興を願って止みません。

私も支援を継続すべく日々の経営に真摯に取り組み、そして精進しなければいけません。

胸が熱くなる『狼煙』。

ぜひ、ご覧ください。





気仙沼の冬対策

2011年10月26日 17:37


先ほど、気仙沼の坂井さんと電話でお話をさせて頂きましたが、
気仙沼市では冬対策として、仮設住宅の各ご家庭に暖房器具を配布するようです。
先週のライオンズクラブのコタツの提供もあり、まずは冬に向けての最低限の準備は、目途がついたようです。

しかし、相変わらず食料は不足しているとのこと。
困ったものです。
栄養のバランスも含め、被災地のみなさまのご健康を祈ってやみません。


郡山の被災地障がい者支援センター

2011年10月26日 17:27


先週21日に物資を運んだ『被災地 障がい者支援センターふくしま』。
概要は写真に書いてある通りですが、障がい当事者によって運営されているようです。





頂いたお礼のお手紙



出来得る範囲で、当たり前のことをしているのですが、やはりお礼のお手紙はうれしいです。
今後も何かしらの支援をしていきたいと思います。


21便目 10月21日の気仙沼・郡山の報告です

2011年10月24日 21:14
先週木曜日深夜に出発した21便目。
33時間、1080キロに及ぶ行程は、土曜日に無事、帰社しました。

簡単ですが、時系列に報告致します。

●10月21日(金)9時 気仙沼高校到着
 先のブログにも書きましたが、ここには現在は避難者の方はいらっしゃいません。
 ここには坂井さんが管理する、気仙沼高校にお借りしている物資拠点があります。

 そんな坂井さんは、気仙沼市より仮設住宅87か所の管理全般を委託されていますが、
 決してご自身のお仕事ではありません。あくまでも奉仕です。

 私は、自社の4トントラックに積んできた物資(家具、家電、食料、布団、タオル、オフィス家具等)
 を、気仙沼の若手の皆さんに手伝って頂き荷卸ししました。
 1時間強で荷卸し後、坂井さんと今後の打ち合わせをしているとき、写真のトレーラーが到着しました。



午後に到着する予定のコタツ600台が、少し早く到着したのです。
私は、少しでも現地の方の力になることが目的で訪れていますので、迷わず荷卸しを手伝いました。
このコタツは、岡山のライオンズクラブの方のご寄附ということです。
荷卸し後、岡山からいらした3名ライオンズクラブの方と一緒に、坂井さんを囲みお食事を頂きました。



荷卸し後の記念撮影です。手前の帽子をかぶった方3名がライオンズクラブの方。
私は『負げねえぞ、気仙沼』のTシャツを着て、後ろ向きに。
その右が坂井さん。後ろに写っている方々は、誇り高き気仙沼のボランティア仲間。



●同日 13時過ぎ すがとよ酒店
 復興祈願酒の日本酒を20本を買いました。
 前にも触れましたが、店主のお父様、祖父母がいまだ行方不明。店舗は被災し、仮店舗で営業されています。



右から店主の奥様、店主の弟さん、店主のお兄さん、私。
お兄さんとのお話の中から、NHKで紹介された被災地ツアーは、当然ですがまだ抵抗があることが伝わってきました。
そして、『こんなことで有名になりたくなたった』とも。
『支援して頂いている皆様には深く感謝しているが・・・・・』当然ですが、傷は癒えていない様子も伺えました。
引き続き後方応援部隊として、復興祈願酒を使ったお歳暮や、年末の忘年会にて販売協力の相談もさせて頂き、
次回の気仙沼入りの前に電話をすることを約束し、この場を離れました。


●同日 14時過ぎ 気仙沼市立面瀬小学校
こちらには、東京の代々木小学校のPTAの父兄を中心に面瀬小学校を支援されていますが、
代々木小学校の皆さんが作った心のこもった折鶴アートをお届けいたしました。
元々は坂井さんがお届けする段取りになっていたようですが、コタツの大量入庫で急遽伺うことが出来なくなり、
私がお届けを買ってでた次第です。




写真は、面瀬の熊谷教頭先生と私。
初対面で短い時間でしたが、震災からこれまでのことをお話頂きました。
偶然にも『すがとよ酒店』さんとは親戚関係にあるとのことで、
ご縁がまたひとつ、つながったことはうれしい限りです。
校庭で元気よく遊ぶ子供たちを見て、まさしくこれは現地の『希望』だと、強く感じました。

●同日 19時過ぎ 福島県郡山市にある『被災地障がい者支援センターふくしま』
場合によっては、22日(土)の翌日になる可能性もあったのですが、夜でも快く受け入れ対応して頂き、
19時から荷卸しを開始することが出来ました。



写真はスタッフのみなさま。
いくら無料の運搬とはいえ、夜間に多くのスタッフを動員して対応して頂き、深く感謝申し上げます。
お礼のお手紙も頂戴いたしましたので、近々ご紹介させて頂きます。


今月は2回目、トータル21便目の被災地入りとなりましたが、
被災地の方は皆さん口を揃えたように、こうおっしゃります。
『復興は全く感じられない。でも妙な落ち着きが出てきた』

この意味は、直接被害を受けていない私たちには想像しかできませんが、
ふくしまも、岩手も、宮城も、千葉県(一部)も震災は終わるどころか、折り返し地点にも到達していません。
巷の雰囲気は、すでに過去のものになってきている感もありますが、
震災翌日から被災地に入っている私としては、現在進行形で、何一つ解決していないのが率直な感想です。

人間は忘れることが出来るから、苦しみや悲しみを乗り越えられるとは言いますが、
それにしても、まだたった7か月しか経過していません。

どうぞあの時の『それぞれの震災』を思い出して頂き、再び共有し、支援を継続して頂くことを願ってやみません。
これまで被災地を少しだけ多く見た者として、どうぞよろしくお願い致します。












21便目 気仙沼・郡山へ

2011年10月20日 23:23


いまから4トントラックで東北へ向かいます。
現在23時24分。
気仙沼到着はノンストップで朝の9時過ぎ。
その後、郡山へ向かいます。

待っている方がいる限りライフラインの一端を担う者として、
歯を食いしばって頑張ります。

帰京後、現地の状況を報告致します。





BCP(緊急時における事業継続計画)の開示

2011年10月19日 18:38
弊社では、8月末にBCP(緊急時における事業継続計画)を策定致しました。

これは、東京都産業労働局様のご支援と、私がこの目で見た被災地の現状や、

首都圏での体験(携帯電話の不通やガソリンスタンドの供給不足)をもとに策定したものです。

これに合わせ衛星電話や停電でも事業継続できるよう発電機、防護服、土のう等の各種防災アイテムも揃えました。

いかなる緊急時にもライフラインを担う我々は、『絶対にトラックを止めない』覚悟で、営業して参ります。




今後は、関係各位様には随時開示致しますので、

ご要望がございましたら、お気軽にお声掛け下さいませ。

『忘れてもらいたくない』

2011年10月18日 03:56
気仙沼では地元の方が企画する、被災地の現状を見るツアーが、昨晩NHKで紹介されていました。

企画した地元の方も、実際に被災されていて、観光客が写真を撮ることに嫌悪感を持っていたそうです。



しかし、最近、被災地が忘れられてきたように感じ、

『被災地を忘れてもらいたくない』との思いから企画し、初めたそうです。

被災地の皆さんは口を揃えて同じことをおっしゃります。




被災地の皆さんに、そんな思いを抱かせることは、同じニッポン人​として情けない気持ちでいっぱいです。

震災は終わっていません。むしろこれからです。








上の写真は、ニュースの映像ですが、私も今月に訪れた『すがとよ酒店』の店主の弟さん。
父上や祖父母もいまだ行方不明で、店舗も被災し、仮店舗で営業されています。





「頑張ろう」との言葉は使いたくなかった。
だから『負げねえぞ 気仙沼』にしたと。




震災から7か月強。
信号機の復旧も50%以下。地元の足の三陸鉄道の復旧も目途が立たず。
仕事場も失う方が多く、収入や失業保険も途切れ、仮設住宅は2年の期限付き。
高台にある仮設住宅では、買い物に行けない高齢者も多い。
そしてまた冬が・・・

そんな現実の中、
「一度、ボランティアしたから」
「一回寄付したから」
と、自分の中で震災を終わらせている方がいるとするならば、今一度あの時の光景を思い出して頂き、
自分事として捉え、小さくても出来る支援を継続して頂けることを、切に願ってやみません。






レントラ便スマホサイトを公開しました!(^^)!

2011年10月17日 23:18

本日

訳あって、急遽レントラ便スマートフォンサイトサイトを公開いたしました。

予約やキャンセル機能は使えますが、一部納得いかない箇所もあります。

今後、早急にブラッシュアップしながら、更なる利便性を提供して参ります。

引き続きご愛顧の程、よろしくお願い致します。



引越し料金・引越し費用
レントラ便へのフリーダイヤルは
トップページ
料金システム
車種とサイズ
サービス内容
オプション
お申し込み
ご予約
よくある質問
主なご依頼実績
メディア掲載
ご意見・お問合せ

レンタカートラック【サイト責任者 山口裕詮

熱き代表者のブログ
携帯で見る
クレジットカード
損害補償保険付き
BCPについて
先の東日本大震災では代表自ら震災翌日から緊急支援物資を30回以上輸送。その経験を生かし、緊急時における事業継続計画(BCP)を東京都産業労働局様の協力のもと、平成23年に策定し発電機、衛星電話を導入。
国内初の時間制料金
平成18年に経済産業省の経営革新支援法の承認、また、国土交通省政策研究所より、イノベーションモデル調査企業に選ばれた国内初の時間制の運転手付きレンタルトラックです。
類似商法にご注意下さい
最近「レントラ便」に類似したサービスが増えておりますが、おもてなしの心を大切にする弊社とは一切関係ありませんのでご注意下さい。
レントラ便へのフリーダイヤルは