TOP >

代表者ブログ

代表者ブログ


【2012年11月アーカイブ】

今年もカレンダーを集めます

2012年11月30日 19:27
昨年の今頃から、今年の年頭にかけて被災地向けのカレンダーを集めましたが、今年も集めます。

仮設住宅やみなし仮設入居者にとって、カレンダーはとても貴重です。

買うお金や、買に行く手間(鉄道の復旧状態や仮設住宅の立地上)は、復興していない現状では私たちの想像以上です。

1本からでも受付ますので、弊社までお送り頂けると幸いです。
持って行く先は気仙沼市、石巻市、女川町となります。
来年1月中旬まで受け付けますので、ご協力をよろしくお願い致します。
尚、お送り頂いた方のお名前は、このブログ上で紹介させて頂きます(許可頂ければ)。
企業様は、リンクを張り紹介させて頂きます。


送付先
〒140-0013
東京都品川区南大井5-12-3
株式会社ハーツ 被災地支援担当まで
03-5762-0072


写真は今年に持って行ったカレンダーです。

11月8日 南三陸町の写真7枚

2012年11月20日 01:56

南三陸町の様子を連続で紹介します。

いまだショッキングな光景が続きます。

この辺はゼロメートル地帯です。

























右手にガレキの山。左手には冠水した土地。




南三陸町は土地が広く(南北100キロ?)、気仙沼市にも隣接しています。
ですから2時間前後はこのような光景が続きます。
震災の傷跡は、まったく癒えていません。

被災地に行ったことが無い方でも、写真を見れば震災が継続中でであることは伝わると思います。
次回も南三陸町の様子を紹介します。

「復興をめざして!頑張ろう石巻」

2012年11月20日 01:56
11月8日

報告の続きです。

女川町を出発後、石巻市を通過します。

垂れ幕が重く感じます。





何気ない写真ですが、ここは夏に盆踊り会場になった付近です。

歯抜けになった更地や住宅の土台が点在する場所。

なにも変わっていませんし、変わる雰囲気も感じられません。

復興に近づいていないことが伝わります。





次は南三陸町の様子を紹介します。

24年11月8日の宮城県女川町の写真20枚

2012年11月13日 01:23

先週8日(木)

女川町の復興支援センターに応援物資をお届けしてきました。
この物資は、昨年支援を通じて知り合った尾見さん(関東在住)が集め、女川町で支援バザーを行うために弊社で運ばせて頂きました(もちろんボランティアです)。
こちらへは確か3回目の運搬だと記憶しています。






石巻を過ぎしばらく行くと女川の街並みが見えてくるはずですが、いまだに写真の通りです。







ここを曲がり、少し高台になったところに女川町復興支援センターはあります。
震災前は保育園だったような建物です。






お届けした「女川町復興支援センター」の方々と。
この復興支援センターは、社会福祉法人 女川町社会福祉協議会が運営しています。
「お茶でもいかがですか?」と、あたたかいお気遣いを頂きましたが、気仙沼に向かうためお気持ちだけ頂戴してきました。次回はお茶でも頂いて、女川町の現状をお聞きしたいと思います。






ここから先は、街の様子を連続アップします。




































































ご覧のとおり、生活の足の鉄道は寸断されたまま。
道路は遅々としていますが、かさ上げ工事が所々で。


大潮の満潮時には冠水する道路も未だにあります。
下の写真は女川町から石巻市(郊外)に入ったところですが、この辺も津波の惨状がいまでもわかるくらい酷いところです。





これが今の現状ですが、進まない復旧、復興の現状を皆様にご理解して頂きたく、写真をアップ致します。
まだまだ応援は必要だということです。



次回は気仙沼に向かう途中の南三陸町の写真を紹介します。


宮城県 『女川町復興支援センター』

2012年11月13日 00:03

昨晩、女川町と気仙沼から無事に帰ってきました。

時系列に写真を中心に、今後ブログで紹介していきます。

今日は物資をお届けした「女川町復興支援センター」の、出来立てホヤホヤのパンフレットを紹介します。







ガレキ撤去のボランティアは募集していませんが、その他のボランティアを継続募集しています。
詳細はお読み頂けると幸いです。






今日は時間が無く、あまりアップできません。

次回も女川町様子を紹介します。


画像が全面表示されない場合は、下記をクリックして頂けると全面表示できます。
http://blog.goo.ne.jp/hearts-exp/



今晩、女川町と気仙沼に出発します

2012年11月 7日 13:27

物資の確保と僕の都合が合い、今晩、久しぶりに東北へ向かいます。

何回目か忘れましたが今回も4トントラック満載で、家庭用家具家電、オフィス用事務機、物置、リンゴ1,500個、その他を被災者の元にお届けしてきます。

行先は女川町の女川復興支援センターと、気仙沼被災者支援チーム。
いつも通り強行スケジュールですが、今回も安全運転で行ってきます。

写真は昨年3月17日の気仙沼市内(トラックから撮影)

6日の深夜に女川町、気仙沼へ出発!!

2012年11月 3日 01:46

急ですが来週6日の深夜に女川町と気仙沼へ向かいます。
もちろん、応援物資をボランティアで運ぶためです。

先月は物資の集まりと僕の都合がなかなか合わず、伺えませんでしたが今月は最低2回は伺えそうです(6日の次は12日出発予定です)。
もしかすると3回になるかも知れません。

それはさておき、
お届け先と日時指定が無ければ無料で回収(関東に限り)、仮設住宅や現地の被災者団体に責任を持ってお届けしてきます。
ご提供物資の相談なども受付ています。
どうぞお気軽にお声掛け下さい。

電話03-5762-0072
?ハーツ 被災地支援担当 年中無休で受け付けしています。



引越し料金・引越し費用
レントラ便へのフリーダイヤルは
トップページ
料金システム
車種とサイズ
サービス内容
オプション
お申し込み
ご予約
よくある質問
主なご依頼実績
メディア掲載
ご意見・お問合せ

レンタカートラック【サイト責任者 山口裕詮

熱き代表者のブログ
携帯で見る
クレジットカード
損害補償保険付き
BCPについて
先の東日本大震災では代表自ら震災翌日から緊急支援物資を30回以上輸送。その経験を生かし、緊急時における事業継続計画(BCP)を東京都産業労働局様の協力のもと、平成23年に策定し発電機、衛星電話を導入。
国内初の時間制料金
平成18年に経済産業省の経営革新支援法の承認、また、国土交通省政策研究所より、イノベーションモデル調査企業に選ばれた国内初の時間制の運転手付きレンタルトラックです。
類似商法にご注意下さい
最近「レントラ便」に類似したサービスが増えておりますが、おもてなしの心を大切にする弊社とは一切関係ありませんのでご注意下さい。
レントラ便へのフリーダイヤルは