TOP >

代表者ブログ

代表者ブログ


【2013年1月アーカイブ】

目標達成御礼 【3815部】のカレンダーをお届けしてきました!

2013年1月21日 20:29

18日の金曜日の深夜、4tトラックで東京を出発し、19日土曜日の午前中に気仙沼にカレンダーをお届けして来ました。
今回集まったカレンダーは、目標約3,000部に対し、なんと3,815部も集まりました。
ご協力頂いた個人様、企業様には深く御礼申し上げます。


年末には1,190部を持って行き、すでに配布は終了しておりますが、今回の約3,800部を加算すると約5,000部、集まったことになります。
これで気仙沼市の仮設住宅約4,000世帯すべてに配布可能な数となり、とてもうれしく思います。

配布は21日(月)の今日から始めるとのことですが、ボランティアで配布してくださる方々(気仙沼復興株式会社様)がいらっしゃるおかげで、僕たちの気持ちが仮設住宅の各世帯へ届きます。
この場を借りまして、あらためて深く感謝いたします。
『坂井さん、そしてスタッフの皆様、本当にありがとうございます!!』

これからも微力ながら、応援を継続していきますので、どうぞよろしくお願い致します。





それでは今回の様子を、写真にて報告させて頂きます。





チェーン規制がある東北道をひたすら走ります。







無事にボランティアで仮設住宅へ配布して頂ける気仙沼復興株式会社へ到着。
すぐに荷卸しを開始。







今回も屋外に置く物置き5台も運びました。







物置きの中にカレンダーがたくさん入っています。
バケツリレーで事務所の中に運びました。










事務所の壁面に貼ってあるメッセージボード。









事務所内に積まれたカレンダー。














早速、皆さんで仕分け作業を開始。各仮設住宅へボランティアで配布して下さる坂井代表です。








荷卸しした後、坂井さんの奥様もご一緒に昼食の中華を。







僕は四川マーボ豆腐丼(辛いけど絶品)とラーメンを食べました。
坂井さん、いつもごちそうになり申し訳ありません。




坂井さんご夫妻です。






まずは取り急ぎお届けの報告をさせて頂きました。
お届けの様子は後日写真が送られてきますので、あらためて紹介します。


次回のアップでは、市内の様子を紹介します。


気仙沼に直送頂きましてありがとうございます!

2013年1月21日 14:08

19日の土曜日に気仙沼に行ってきましたが、東京からカレンダーを直送頂いた方がいらっしゃいましたのでご紹介します。

中村順子様

株式会社クエストグループジャパン


誠にありがとうございました。

今晩、カレンダーを持って気仙沼に出発します!

2013年1月18日 17:50





写真は昨年2月の陸前高田。



本日18日も弊社にカレンダーが届きました。
謝意を込め、下記に順不同でご紹介させて頂きます。
ご協力誠にありがとうございました。



大田区 株式会社ルミナス 様

中央区 AIU海外旅行保険 様

豊島区 株式会社太陽企画 様

港区 エアプラス株式会社 様

品川区 大成祭典株式会社 様

大田区 大田区議会議員(大田区議会議長) 高瀬三徳事務所 様

目黒区 株式会社オフィスコトウ 様

現地情報として完全凍結、吹雪、マイナス6度(18日17時)、仮設住宅も凍結し、大変な状況で、延期した方がいいとアドバイスを受けました。が、
いつも通り一人で4トントラックで向かいます。
福島以北は雪でチェーン規制が入っていますので、多少の困難があるかと思いますが、今晩出発し、明日の午前には気仙沼にお届け出来る予定です。

まずは安全第一で行ってきます。

雪、大丈夫かな〜



被災地向けのカレンダーがさらに続々と到着!!お名前ご紹介します

2013年1月17日 18:58




その後、17日の今日にいたるまで、写真のように日々たくさんのカレンダーが届きました。

簡単ではありますが、ご協力頂いた14名の個人様、23の企業(団体)様のお名前をご紹介させて頂きます。



個人様 順不同 (大阪府・長野県・千葉、東京・神奈川県)

・小島由佳様

・石原寿子様

・芳賀三枝子様

・高見世志恵様

・ヤマダ様

・佐々木公実子様

・諏訪光栄様

・渡辺賢治郎様

・大塚愛子様

他 匿名希望の方5名の方




企業様(順不同)

・山形市 英会話ナインポイントナイン

・品川区 有限会社エム・エイチ・エス


・品川区 品川工業株式会社

・品川区 三和電気株式会社

・大田区 株式会社日本デジタル通信様 【再】

・新宿区 有限会社ヒロサポート

・川口市 株式会社 吉野電気

・港区 株式会社 帝國データバンク

・豊島区 ファイト・アイ株式会社

・埼玉県蕨市 株式会社東京すずらん

・台東区 イトックスサプライ株式会社

・新宿区 アールシーソリューション株式会社

・千代田区 株式会社ドクター総合支援センター

・渋谷区 TDCソフトウェアエンジニアリング株式会社

・埼玉県川口市 株式会社 幸創 様

・渋谷区 積水ハウス株式会社 東京西支店

・中央区 公益社団法人 日本通信販売協会

・千代田区 三菱地所レジデンス株式会社

・大田区希望が丘自治会防災部さま

・大田区 ゆきがや太鼓の皆様


他、匿名希望企業2社様、公益社団法人様1団体様にご提供頂きました。
部数はまだ数えていませんが、目標である4000部にかなり近づいたと思います。
追って部数は公表させて頂きます。

さて、今回は昨年より多くの個人様、企業様よりご協力を頂き、「震災を風化させたくない」という想いで応援に取り組んで来た僕にとって、とても驚き、そして喜びを感じることが出来ました。
仮設住宅に入居される方々にも、とてもうれしく、心強く感じていただけるかと思います。

日々届く、カレンダーの中には温かいお手紙やメッセージ、中には浄財を同封いて頂く方もいらっしゃり、ひたすら恐縮するだけで言葉もありません。
その想いや浄財はすべて東北のために僕の気持ちをプラスして、お届けさせて頂きます。

【個人様、企業様のカレンダーご提供】⇒【弊社で集約】(東京)⇒【気仙沼復興株式会社】(気仙沼市)⇒【気仙沼仮設住宅の各世帯】

カレンダーは上記の流れで仮設住宅へ配布されます。
ボランティアでカレンダーを仮設住宅へ配布して頂ける、坂井社長を筆頭とする気仙沼復興株式会社のスタッフの皆様がいなければカレンダーも届きません。
この場をお借りして、深く深く感謝申し上げます。

出発は18日(金)の深夜、翌土曜日のAM着の予定です。
僕が間違いなく現地にお届けしてきますのでご安心下さい。


今後は直接気仙沼復興株式会社さんへお送り頂いても大丈夫です。
気仙沼市東新城2−8−1 電話 0226-22-1866 代表取締役 坂井政行さん

ご不明な点やお気づきな点は、弊社までお願い致します。
株式会社ハーツ
電話03−5762−0072 被災地支援担当もしくは山口(僕)

途中経過ではありますが、まずは報告させて頂きます。
ご協力、ご厚意、誠にありがとうございました。







被災地向けのカレンダーをご提供頂いた個人・法人様を紹介します

2013年1月 9日 00:46
昨年12月から今日までに、東北へのカレンダーをご提供して頂いた方をご紹介します。
弊社まで持ち込んで頂いた企業様、個人様、宅急便でお送り頂いた個人様、企業様には深く感謝申し上げます。

企業様は勝手ながら、お礼の意味を込めてリンクを張らせて頂きました。
順不同で紹介させて頂きます。

・服部 様 (企業名は伏せたいとのことで個人名のみとさせていただきました)

・柳 英理子 様 (企業名は伏せたいとのことで個人名のみとさせていただきました)

劇団 銅鑼 様

株式会社ファーマント 様

株式会社アルファビジネス 様

株式会社輸送文研社 柏林書房 様

株式会社データ・テック 様

エンゼルケアアシスト城南 板井様

株式会社日本デジタル通信 様

株式会社Teable 様

・有限会社 竿宗 様

有限会社 五島精米所

社会福祉法人 神奈川やすらぎの会 第二森の里 施設長 西迫様

東京都中小企業家同友会 事務局 高橋様

株式会社 右門 様

大洋ツール株式会社 高萩様

日本橋梁工業株式会社 菊地様

株式会社ニックス 管理部様

東京都中小企業家同友会豊島支部 株式会社デュコル 山本邦明様

イーストブレイン株式会社 様

・GADGET 清原 様

川合運輸株式会社 様

・沼辺 早苗 様

・伊藤 俊祐 様


すでに1,190部は気仙沼に運んでいますので、その後弊社に集まった分は約300部です。
気仙沼市の仮設住宅世帯数である約4,000世帯までは、半分にも到達していません。

引き続き、どうぞご協力をお願い致します。

まずは【被災地カレンダー】。その後【被災地とレントラ便業務提携】

2013年1月 5日 17:44


弊社では昨日4日より、本年の通常業務がはじまりました。
みなさま、本年もどうぞよろしくお願い致します。
まだ、お正月気分は抜けきらない今日5日ですが、僕はそろりと始動しています。

さて、本年はさらにステージを上げるため、これまでと同様に粘り強く、地道に努力を継続していきます。
そんな今年の一番の大きなイベント(予定)は、【気仙沼】でレントラ便が誕生することです。
許認可関係はこれから取得巣関係で多少の時間はかかります。
また、現地スタッフは未経験であったり、人口も少ないなど不安もありますが、とても楽しみにしています。

被災地支援の一環として、
・地域経済の活性化
・仮設住宅からの自立支援
・雇用の確保

これらに、もし少しでも寄与できたら大成功かな。と考えています。
「案ずるより産むが易し」
がんばります!!



話は変わりますが、被災地向けカレンダーは継続募集しております。
目標4,000部(気仙沼の仮設住宅に入居世帯数)に対し、お届け済み分1,190部。
今日現在、弊社に届いている分が約200部。
差引約1,600部が足りません。
また仮に4,000部以上になった場合、陸前高田などの周辺に配布可能となりますので、
多い分には問題ありません。
どうぞご協力をお願い致します。


大量にご寄附頂ける場合は、関東周辺に限り無料にて引き取りに伺います。
少量の場合は、宅配便にてお送り頂きたくお願い申し上げます。

被災地への出発は、早ければ1月16日(水)、遅くとも1月23日(水)になります。
ギリギリになる方はお気軽にお問合せ下さい。


被災地向けカレンダー送付(お問合せ)先
〒140-0013 東京都品川区南大井5-12-3
株式会社 ハーツ 被災地支援担当
電話 03-5762-0072 
メール info@rentora.com



ということで東北の応援に手を抜かず、蛇のように地を這い、脱皮しながら本年も走ります。
無骨で臆病な僕ですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。


謹賀新年

2013年1月 1日 01:11



本年もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。






引越し料金・引越し費用
レントラ便へのフリーダイヤルは
トップページ
料金システム
車種とサイズ
サービス内容
オプション
お申し込み
ご予約
よくある質問
主なご依頼実績
メディア掲載
ご意見・お問合せ

レンタカートラック【サイト責任者 山口裕詮

熱き代表者のブログ
携帯で見る
クレジットカード
損害補償保険付き
BCPについて
先の東日本大震災では代表自ら震災翌日から緊急支援物資を30回以上輸送。その経験を生かし、緊急時における事業継続計画(BCP)を東京都産業労働局様の協力のもと、平成23年に策定し発電機、衛星電話を導入。
国内初の時間制料金
平成18年に経済産業省の経営革新支援法の承認、また、国土交通省政策研究所より、イノベーションモデル調査企業に選ばれた国内初の時間制の運転手付きレンタルトラックです。
類似商法にご注意下さい
最近「レントラ便」に類似したサービスが増えておりますが、おもてなしの心を大切にする弊社とは一切関係ありませんのでご注意下さい。
レントラ便へのフリーダイヤルは