TOP >

東日本大震災 代表が見た被災地

東北関東大震災 代表が見た被災地

 この度の、東日本大震災の被害でお亡くなりになった方々、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
弊社では震災翌日の12日、被害状況(途中の道路状態、放射能等)が判明しない中、いち早く被災地に向け救援物資を運搬致しました。被害の情報が足りない中、スタッフに向かわせる訳にも行かず、代表の私がハンドルを握り12日から14日早朝に帰社するまで3日に渡り、被災地各所をまわり、自分の目で見てその悲惨さに言葉を失いました。
 倒壊した家や建物、国道まで押し寄せた津波で転覆した車の数々と、打ち上げられた船、通行できないほどのガレキの山、この世のものとは思えない、信じられない光景でした。亡くなられた方の人数もいまだすべて判明しない中、私はこの震災をテレビでしか見られない人々に、「自分事として捉えて頂き、後世に語り伝え、二度とこのような甚大な被害を出してはいけない」と強く思いました。


 以後10月04日まで、20度に渡り私自身でハンドルを握り、奉仕にて緊急物資を運ぶ中、現地の写真をトラックの上から撮り続けました。
生かされた私たちにできることは、多くの亡くなられた方々の死を絶対に生かすために、「すべての日本人が自分事として捉えて頂き、いま、何をすべきか」というメッセージを込めて写真を公開します。どうか現地からの悲痛なメッセージを共有頂けますよう、お願い致します。

平成23年4月3日 代表取締役 山口裕詮


4月7日「ビジネスメディア誠」に復興への取り組みが紹介されました

 写真をクリックすると大きい画像でご覧になれます。ブログフェイスブックでも情報発信しています。

08月19日写真更新


前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14


2011年06月05日 15便目 石巻市へ ③

交番も閉鎖。付近の住宅には一切、人がいません

また冠水。水深は軽く30センチはありました

地元の人が海水を入って行きますが、車両は故障します

信号も消え、数百メートルが冠水しています

ほとほと参りました

地元の方に迂回路を聞き、狭い路地へ

迂回路には建物も流されていました

迂回路から見た家屋

住宅街を通る迂回路

住宅街を通る迂回路


2011年06月05日 15便目 石巻市へ ②

恐る恐る橋を渡ります

川の向こう側は別世界です

地盤沈下(冠水)をブルーシートで防いでいるようです

橋を渡ったところです

右折するのですが、信号は消えています

突如、冠水エリアが

建物が横になっています

住宅街に漁船が

石巻市立湊小学校避難所 自転車が多数見えます

小学校向かいの中華店


2011年06月05日 15便目 石巻市へ ①

6/4 22時東京を出発

途中の仙台平野の田畑は津波をかぶっています

同じく仙台平野

東北道から三陸道へ

石巻市に入ると

市内の各歩道橋にはこのメッセージが

信号機は消えていました

早朝から汚泥の掻き出しをしていました

橋も壊れかけています

道の先は冠水しています



前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14




引越し料金・引越し費用
レントラ便へのフリーダイヤルは
トップページ
料金システム
車種とサイズ
サービス内容
オプション
お申し込み
ご予約
よくある質問
主なご依頼実績
メディア掲載
ご意見・お問合せ

レンタカートラック【サイト責任者 山口裕詮

熱き代表者のブログ
携帯で見る
クレジットカード
損害補償保険付き
BCPについて
先の東日本大震災では代表自ら震災翌日から緊急支援物資を30回以上輸送。その経験を生かし、緊急時における事業継続計画(BCP)を東京都産業労働局様の協力のもと、平成23年に策定し発電機、衛星電話を導入。
国内初の時間制料金
平成18年に経済産業省の経営革新支援法の承認、また、国土交通省政策研究所より、イノベーションモデル調査企業に選ばれた国内初の時間制の運転手付きレンタルトラックです。
類似商法にご注意下さい
最近「レントラ便」に類似したサービスが増えておりますが、おもてなしの心を大切にする弊社とは一切関係ありませんのでご注意下さい。
レントラ便へのフリーダイヤルは