TOP >

代表者ブログ >

ガレキの処分先

代表者ブログ


ガレキの処分先



先ほどのニュースを見ていて。

ガレキはある程度、ガレキ置き場に集められているようですが、

その量たるや東北3県で2,300万トン。

もちろん、東北3県だけでは処分出来る量ではないということ。

宮古市長のインタビューでは、支援をするという自治体は数多くあれど

実際にガレキを受け入れてくれる自治体は、今のところ東京都だけだそうです。

明日の朝には、宮古市から第一便が東京に到着とのこと。

とてもいいことだと思います。




私は、『このまま被災地が取り残され、
復旧復興をニッポン全体で背負わなければ、ニッポンが分裂する可能性もあるのでは』
とも考えたりします。



各自治体に対しては、やはり国が主導して「ガレキ」の受け入れを先導するべきではないでしょうか?

沖縄の米軍基地の問題にしても、復興の問題にしても何か共通するところを感じます。

ニッポンが機能不全の末期症状とは思いたくありませんが・・・

心配でなりません。





<前へ一覧に戻る次へ >

引越し料金・引越し費用
レントラ便へのフリーダイヤルは
トップページ
料金システム
車種とサイズ
サービス内容
オプション
お申し込み
ご予約
よくある質問
主なご依頼実績
メディア掲載
ご意見・お問合せ

レンタカートラック【サイト責任者 山口裕詮

熱き代表者のブログ
携帯で見る
クレジットカード
損害補償保険付き
BCPについて
先の東日本大震災では代表自ら震災翌日から緊急支援物資を30回以上輸送。その経験を生かし、緊急時における事業継続計画(BCP)を東京都産業労働局様の協力のもと、平成23年に策定し発電機、衛星電話を導入。
国内初の時間制料金
平成18年に経済産業省の経営革新支援法の承認、また、国土交通省政策研究所より、イノベーションモデル調査企業に選ばれた国内初の時間制の運転手付きレンタルトラックです。
類似商法にご注意下さい
最近「レントラ便」に類似したサービスが増えておりますが、おもてなしの心を大切にする弊社とは一切関係ありませんのでご注意下さい。
レントラ便へのフリーダイヤルは

run-periodic-tasksスクリプトを実行中です...